介護事業をはじめるなら|やさしい手の支援サービスを利用すべし

記事リスト

資金繰りを改善する

模型

急に必要な資金を用立てる

会社を経営している上でもっとも神経を使わなければならないのが資金繰りです。資金繰りが上手くいっていれば経営危機に陥ることはありませんが、資金繰りが上手くいかずに危機を招くといったことも長く会社を経営していれば多くあるケースです。このような会社の資金繰りを改善する方法のひとつにファクタリングがあります。商取引をするさいにはほとんどのケースで後払いである売掛で取引が行われます。現金取引と異なり後払いとなるためその商品やサービスを行った側からすると帳簿上は問題がなくても手持ちの現金が減ってしまいます。経営が順調に行っている時であれば特に問題にはなりませんが、別の業者への支払いが迫っている場合や、急に資金が必要となった場合などには、現金が手元にないことが資金繰りを悪化させる原因です。ファクタリングでは売掛債権をファクタリング会社が買取ってくれる制度です。債権を期日までに現金化する仕組みとしては手形割引がありますが、手形割引では手形を担保に銀行がお金を貸し付けるというもので第一に手形を振り出している必要があります。あくまでも融資であるため取引先が倒産すると弁済しなければいけません。一方でファクタリングは買取ですので取引先が倒産しても責任を負う必要がありません。ただしその分リスクも高いものですから手数料は高めです。しかし、それでも迅速に売掛債権を現金化することができ資金繰りを改善することができます。