介護事業をはじめるなら|やさしい手の支援サービスを利用すべし

記事リスト

開業前後に必要な費用

老人と介護士

豊富な経験と知識を共有

介護付き住宅やデイサービスや在宅介護サービスなどの介護事業を展開している株式会社やさしい手は全国に100以上のデイサービスを構えていて、地域の老人介護に大きく貢献しています。やさしい手のデイサービスはフランチャイズ契約によって運営されていて、加盟店はやさしい手の本部から手厚い支援を受けながらデイサービスを運営しています。やさしい手にフランチャイズ契約をしてからデイサービスを開業するまでに必要な費用について説明していきます。やさしい手の加盟店になるのに加盟金として200万円かかり、保証金として50万円かかります。フランチャイズ加盟店になると、本部から講義や実地研修を受けることになりますが、研修費用として100万円かかります。デイサービスの店舗を用意する場合は地域や大きさにもよりますが、15坪程度のデイサービスの場合、店舗取得費を別にして約600万円がかかります。開業後に本部に支払う料金は、毎月システム使用料として10万円とフランチャイズ加盟店のロイヤリティとして介護サービスの5%を支払うことになります。既に日本は世界に類をみない超高齢化時代に突入していて、必要とする介護施設の数は増加し、介護事業を志す別業種の業者も多くなっています。やさしい手の豊富な経験や知識を研修や支援を通じて、手に入れることができ安定した事業を運営できるのは、やさしい手のフランチャイズ加盟店になってこそ得ることができます。