介護事業をはじめるなら|やさしい手の支援サービスを利用すべし

模型

資金繰りを改善する

資金繰りを改善する方法のひとつにファクタリングがあります。ファクタリングは売掛債権を買取ってくれる仕組み、またはそのような事業を行っている会社のことですが、売掛債権を買取ってくれるので迅速に売掛債権を現金化することができます。

詳しく見る

老人と介護士

開業前後に必要な費用

多くの介護事業をフランチャイズ展開している株式会社やさしい手で、デイサービスを開業するまでには、加盟金200万円や保証金50万円、それに研修費が100万円かかります。店舗を用意した後、開業後にはシステム使用料が月10万円と5%の介護サービスロイヤリティが必要です。

詳しく見る

記事リスト

売掛金を利用して資金調達

ビル

銀行から融資を受けられない場合や手形のリスクを回避する目的で、ファクタリングと呼ばれる資金調達方法がよく利用されます。これはファクタリング会社を通じて売掛金を迅速に現金化できる方法で、担保なども不要です。ファクタリング会社を選ぶ際には手数料や振込スピードに加え、信頼性も重要な選定ポイントとなります。

詳しく見る

介護事業を始めるなら

介護施設

やさしい手は介護事業に関する知識が豊富な会社なので、これから開業する人は相談してみることをおすすめします。社員研修も行ってくれるため、より質の高いサービスを提供したいときに役立つでしょう。スタッフを採用するときもサポートしてくれるので、安心して開業することが可能です。

詳しく見る

不渡りの心配がない

男女

ファクタリングとは現金が急にいるときに便利な手段です。売掛金を現金化するので資金が健全であること、スピーディーに現金を手にできること、審査基準が緩めであることなどが大きなメリットで、手数料がかかるというデメリットを差し引いても利用する人が多いです。

詳しく見る

介護フランチャイズの勧め

模型

高いネームバリュー

株式会社やさしい手は通所介護や訪問介護、それにサービス付き高齢者向け住宅といった介護事業を全国展開しているフランチャイズですが、その中でも特に力を入れているサービス付き高齢者向け住宅のフランチャイズ形態について説明します。介護事業に限りませんが、ずフランチャイズビジネスを行う上で加盟店はやさしい手にロイヤリティを支払うと様々な介護事業の支援制度が提供されます。やさしい手は50年余りにわたって培ってきた経験をもとに豊富なノウハウを持っています。その経験をもとにして充実した研修制度を構築し、加盟店に講義や実地で研修を受けてもらうことによって指導しています。また、開業に必要な指定事業者の手続きや開業後の運営に関する相談や市円に関することもやさしい手のフランチャイズ本部の経験豊富な専門スタッフが行っています。本部と加盟店の間で定期的に管理者会議を行っていて、現状の問題解決や情報の共有化をしています。サービス付き高齢者向け住宅の運営で気になる点は空室によって介護報酬が受け取ることができず、経営の足かせになってしまうことです。やさしい手では空室リスクなしでサービス付き高齢者向け住宅を運営することができます。やさしい手は介護業界において高いネームバリューを持ち、介護関係の社会福祉法人で理事を務めているなど、その分野で強い力を持っています。マスコミからの取材も多くなっているので、高いブランド力もあることもやさしい手のフランチャイズ加盟店になるメリットとしてあげられます。